データとして残す

デジカメやスマホをなくしてもデータを残しておけば安心

デジタルカメラやガラケー、そしてスマホが普及して以降、気軽に写真を撮る人が増えています。以前は写真を撮ると現像しなければならず、そのコストのせいで素人が一日に何百枚も撮影するといったことは難しかったわけですが、デジタルカメラであれば現像は不要で撮影コストは基本的にゼロ円で済むからです。
しかし、問題は大量に撮影した画像データをどのようにして保存するのかということでしょう。もちろん、カメラに差し込んだフラッシュメモリやスマホのメモリにそのまま保存しておいてもいいわけですが、これだとカメラやスマホをなくしたときに画像データをすべて失ってしまうことになります。そのため、理想としてはカメラ内部とは別の場所にも画像を残しておいた方がいいのです。

ストレージサービスを利用して自動でバックアップ

画像が数十枚程度であればプリントアウトしておくか、フォトブックなどにして残すという方法も現実的ですが、何千枚、何万枚ものデータがあるとすべてプリントアウトするのは大変です。そのため、すべてデジタルデータのまま、保存しておくのがいいでしょう。では、デジタルデータとして残すにはどういった媒体に保存できるのかというと、DVD-R、フラッシュメモリ、ハードディスクなどいろいろあります。
また、自宅に保管すると場所を取るので別のところに保存しておきたいという場合は、ストレージサービスを利用するのも一つの手です。スマホで撮影したあと、わざわざ手動でデータをコピーするのが面倒という場合は、スマホにバックアップ用のアプリをインストールしておくと、撮影後にリアルタイムで画像データをストレージにアップしてくれます。