写真屋さんに頼む

適切な保管方法を聞いてみよう

大切な写真をずっと同じクオリティで残し続けていくのは非常に大変です。自宅保管だと置いておく場所によって、カビが生えたり変色したりすることも普通にあります。写真館やスタジオなどでプロに保管の方法を聞いてみると、基本的には風通しがよく湿度が低い場所に保管が鉄則となります。丁寧に保管をしていても劣化は避けられませんので、状況によってはお店に写真を持ち込んで修復してくれることもあるので頼ってみましょう。劣化度合いによっては直せないこともあるのですが、しっかりと確認してもらって適切な方法を提示してくれるものです。普段の保管や飾り方も確認しておいて、長く綺麗な状態で飾り続けることだできるように心がけましょう。

データ化してもらうことも検討しよう

プリントされている写真は基本的に紙に印刷されているものなので、どれだけきちんとした場所を選んで保管ケースに大切に保存していても劣化は避けられません。修復できる場合もありますが古い写真だと不安な場合もあるので、データ化してもらって保存するということも検討してみまそう。料金は必要になりますがCDやDVDにデータを保存してもらうことができますから、じっくりと後でパソコンで見直したりするのもいつでもできるようになります。もう一度プリントしたいときも自分たちのタイミングでも行えますし、データを持参してプロにプリントしてもらうのも良いでしょう。大切な写真だからこそ、ずっと残しておけるように工夫してみて下さい。