アルバムやフォトブックに残す

枚数を減らして保存してみる

とにかく気になったものは写真にしてプリントしてしまうという場合、どのように残すかという事がポイントとなってきます。写真のまま残しておいても再び見ることが難しくなってしまいますから、厳選したものを撮っておくようにするのがコツです。そのため、定期的にアルバムやフォトブックにするという形で保管をしておきましょう。どうしても入る数が限られますから、枚数を抑えることがしやすくなります。大切な写真だけ厳選しておくことで、何度も見直すことが出来るようになるのです。既にプリントしたものをアルバムに入れることはもちろんですが、プリントの段階でフォトブックにすることで、はじめから見やすい形でプリントするという形も取れます。

厳選すると見やすくなる

たくさん撮影した写真は全部取っておきたいと思うものですが、実際に同じような写真が多くなってくるとわざわざ見返すことが少なくなってしまうものです。一度の旅行やパーティーなどでは数枚の写真を厳選してプリントしておくようにするとよいでしょう。それだけなら見やすくなりますし、何度も見返して楽しむことが出来ます。他の写真をそのまま捨てるのに抵抗があるのであれば、他のものはデータの形にしておいて、プリントする物を見出しのように使うという事も出来ます。これなら写真がたくさんあるという方もすべて手放すことなく欲しい写真を簡単に後で探すことも出来るので、ぜひこうした併用した形の保存方法もとってみるとよいでしょう。